ギャンブル等依存症とは?

ギャンブル等依存症とは、ギャンブル等にのめりこむことにより、日常生活や社会生活に支障が生じている状態のことです。 「本人の意志」や「性格」は関係なく、誰でも依存症になる可能性があります。

 以下の項目でチェックが可能です。

  • 高揚感を得るためにギャンブル等に使う金額が増える。
  • ギャンブル等をやめたり、やめようとすると落ち着かない。いらいらする。
  • ギャンブル等をやめようとしたり、減らそうとしても、うまくいかない。
  • ギャンブル等のことばかり考えてしまう。
  • いやな気分のときにギャンブル等をすることが多い。
  • ギャンブル等で負けると、それを取り戻すために深追いする。
  • ギャンブル等にのめりこんでいることを隠すために、嘘をつく。
  • ギャンブル等のために大事な人間関係、仕事、教育の機会などをダメにしてしまう。またはダメにしそうになる。
  • ギャンブル等によって破たんした経済状況を免れるために他人のお金をあてにする。

 以上の項目のうち、あてはまった項目数によって以下の疑いがあります。
                           (DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引きより改変)
  4〜5項目・・・軽度のギャンブル等依存症の疑い
  6〜7項目・・・中等度のギャンブル等依存症の疑い
  8〜9項目・・・重度のギャンブル等依存症の疑い

「ギャンブル等」とは?

「ギャンブル等」とは、結果が偶然に左右されるゲームや競技に対して金銭を賭ける行為のことです。ギャンブル等には次のようなものが含まれます。
パチンコ、パチスロ、競馬、競輪、オートレース、モーターボート競走、宝くじ、ナンバーズ、サッカーくじ、賭け麻雀、賭け将棋、スポーツ(野球等)賭博、インターネット賭博、カード(花札・バカラ等)賭博、合法または非合法のカジノ、証券の信用取引(FX)、先物取引市場への投資  など
  

ギャンブル等依存症へのプロセス

最初は、ギャンブル等を楽しんでいても、そのうちにギャンブル等をしたいという気持ちがだんだん大きくなり、物足りなくなってきて、 そのうちに賭け金が増え、ギャンブル等にのめり込んで自分でコントロールできなくなります。 「嘘をついてまわりの人との関係が悪化する」「仕事や学校を休む」といった生活面で問題が起こっても、ギャンブル等をやめられなくなります。


 ※ギャンブル等をしたくなり始めた時の対処法の一例は、こちらのページをご参照ください。

ギャンブル等依存症は治るの?

様々な助けや理解により、ギャンブル等に頼らない生き方をしていくことできます。ギャンブル等依存症は十分回復できます。
 医療機関や相談機関、自助グループや回復施設等とつながって、回復の第一歩を踏み出してください。

精神科医療機関

薬物療法や精神療法などにより、治療を行っています。依存症の専門医療機関では、専門のプログラムなどを行っています。
 治療については、依存症治療・研究センターや専門医療機関で専門的な診療を受けることができます。
 ○ 専門医療機関のページはこちら

相談機関

精神保健福祉センターや保健所などで、本人や家族などの相談にのっています。
 ○ 相談先についてのページはこちら

自助グループ

同じ問題を抱えた人と自発的につながり、その結びつきのなかで問題の解決に取り組む集まりです。

回復施設

依存症に関する相談を受けたり、日中活動や居場所の提供、ミーティング等を行ったりするリハビリ施設です。
 ○ 自助グループや回復施設の情報は、
広げよう 回復・治療・支援の輪〜知っておきたい依存症機関・団体紹介冊子〜」をご参照ください

 ○ 本人・家族の体験談については、ギャンブル等依存症に関する体験談のページをご参照ください


借金の問題について

ギャンブル等依存症に関する相談の多くで、本人の借金が問題となります。
 借金の問題は、必ず解決できます。借金が発覚した際は、周囲の人は肩代わりはせずに、多重債務相談窓口や法律の専門家に相談するようにしましょう。
 ○ 借金等の問題についてのページはこちら


家族や周囲の人へ

依存症は本人を苦しめるだけでなく、以下のような形で周囲の人々を巻き込むことがあります。特に一番身近である家族への影響は大きく、 慢性的なストレス状態におかれることもあります。

  • お金を無心し、借りることができないと暴言・暴力をふるったり、自殺をほのめかす
  • 仕事や学校を遅刻したり、休んだりする
  • 睡眠や食事がおろそかになる
  • ギャンブル等をしていることを隠したり、嘘をつく
  • 借金などの後始末をさせようとする
  • 本人はギャンブル等の問題を認めようとしない
     

家族だけで抱え込まずにまずはご相談ください。家族が相談機関や自助グループを利用することも本人の回復に役立ちます
 また、暴力など危険を感じた時は、その場から離れ、相談機関につながてください。
 本人をサポートするためにも、まずは家族自身の健康や生活を大切にしましょう。



※このページは、大阪府こころの健康総合センター作成のリーフレット「ギャンブル等の問題で困っている人のために」を参考に作成しています。


OATIS(依存症包括支援拠点)依存症包括支援拠点

(事務局)
大阪府こころの健康総合センター
 相談支援・依存症対策課
〒558-0056
大阪市住吉区万代東3−1−46
TEL 06-6691-2818
FAX 06-6691-2814